内閣府より送迎用バスの置き去り防止を支援する安全装置として認定されました。(2023/1/27)
内閣府 認定番号:C-001(12V用)、C-005(24V用)


※実用新案登録済
※特許出願中
※ココール は商標出願中




◆ カタログはこちら ◆
◆ 取付・取扱説明書はこちら ◆


◆ 取扱店募集中 ◆
お問い合わせはこちら



・NHKニュース(2022年9月16日、25日放送分)
・NHK 兵庫 NEWS WEB(2022年9月16日)
・かんさい情報ネットten. 読売テレビ
TikTok(2022年9月28日放送分)
・朝日新聞(2022年9月30日掲載)
・神戸新聞(2022年10月28日掲載)




職員がエンジンを停止すると、
車内に自動的にメロディが流れます。





職員が車内の最後部に設置したボタンを押さないと、
メロディは止まりません。職員がバスの最後部まで
必ず行くことで、すべての座席の確認を
忘れないようにする仕組みです。





万が一、園児が車内に置き去りにされた場合、
設置されたマットを踏んだり、SOS ボタン
(※1)を押すと、
バスのクラクションが鳴り(SOS のモールス信号)、
周囲に異常があることを知らせます。










無線通知装置(※1)は職員室等に設置できます。
置き去りを検知した場合や、装置に異常がある
場合等にLEDとサイレンで通知します。








置き去りを検知した場合や、装置に異常がある
場合等に登録されたアドレスにメールで通知
(※1)します。






装置の状態は付属のLEDで確認できます。




※1. SOSボタン、無線通知装置、メール通知装置はオプションです。